英語上達を目指すあなたに!「Say」と「Tell」の使い分け方

実用英語表現
スポンサーリンク

はじめに

今日は、英語を学ぶ人がたまに混同する「say」と「tell」の使い分けについて解説します。簡単な単語なのですがふとしたタイミングでどっちを使えばいいか分からなくなることがあります。違いをよく理解して、適切な場面で適切な使い方ができるようにしましょう。

「Say」と「Tell」の基本

英語学習者の皆さん、英語の会話で頻繁に使われる動詞「say」と「tell」の違いについて理解しましょう。これらは似ているように思えますが、使い方には重要な違いがあります。

  • Say(言う):
    • 意味:何かを述べる、発言する
    • 使い方:「say」は、話す内容が中心で、特定の聞き手を必要としません。一般的な情報や意見を述べるときに使います。
    • 例:「彼はパーティーに行くと言った(He said he was going to the party.)」
  • Tell(伝える):
    • 意味:誰かに情報や話を伝える
    • 使い方:「tell」は、特定の聞き手(間接目的語)に対して何かを伝えるときに使います。伝える内容と受け手の両方が必要です。
    • 例:「彼は私にパーティーに行くと伝えた(He told me he was going to the party.)」

この基本的な違いを理解することで、より自然で正確な英語表現が可能になります。次のセッションでは、これらの動詞の具体的な使用例を見ていきましょう。

具体的な使用例

「say」と「tell」の正しい使用方法を理解するために、いくつかの具体的な例を見てみましょう。

  1. Sayの使用例:
    • 文脈:誰かの言葉を報告する
    • 例:「先生は授業が難しいと言った(The teacher said the class was difficult.)」
      • ここでは、先生の発言の内容が直接引用されています。
  2. Tellの使用例:
    • 文脈:誰かに情報を伝える
    • 例:「先生は私に授業が難しいと伝えた(The teacher told me the class was difficult.)」
      • この例では、先生が「私」に対して情報を伝えています。

これらの例から、「say」は直接的な言葉や思考を表現するのに使い、「tell」は特定の人に情報や指示を伝えるのに使うことがわかります。この違いを把握し、日々の英語の使用に活かしましょう。次のセッションでは、これらの動詞の文法的な側面について詳しく説明します。

文法的な説明

直接目的語と間接目的語

2つの文法的な説明をする前に聞きなれない直接目的語と間接目的語についてご説明します。目的語というのは、動詞の後ろに置かれ、行為の対象や結果を表します。目的語には、直接目的語と間接目的語の2種類があります。直接目的語は、動詞の作用が直接的に影響を与える対象を表すのに対して、間接目的語は、動詞の作用が間接的に影響を与える対象を示します。事例を交えてみてみましょう。

  1. 直接目的語: S(主語)+V(動詞)+O(目的語)
    • 直接目的語は、動詞の作用が直接及ぶ対象を表します。
    • 「何を?」または「誰を?」という質問に答える形で動詞に関連します。
    • 例:「I read the book(私は本を読んだ)」では、「the book(本)」が直接目的語です。
  2. 間接目的語: S(主語)+V(動詞)+O(間接目的語)+O(直接目的語)
    • 間接目的語は、動詞の作用が間接的に影響を与える対象を示し、「誰に」または「何に」の行為が行われるかを表します。
    • 通常、動詞「give(与える)」、「send(送る)」、「tell(伝える)」、「show(見せる)」などの後、直接目的語の前に位置します。
    • 「to」や「for」の前置詞を伴うことが多いです。
    • 例:「I gave Tom the book(私はトムに本を渡した)」では、「Tom(トム)」が間接目的語です。

SayとTellの文法解説

次に「say」と「tell」の違いをより深く理解するために、文法な解説をします。

  • Sayの文法: S(主語)+V(動詞)+O(目的語)
    • 「say」は直接目的語をとります。直接目的語は、言われたこと(言葉やフレーズ)です。
    • 例:「彼は”こんにちは”と言った(He said “hello.”)」
      • ここでの”こんにちは”が直接目的語です。
  • Tellの文法: S(主語)+V(動詞)+O(間接目的語)+O(直接目的語)
    • 「tell」は通常、間接目的語(誰に話すか)と直接目的語(何を話すか)の両方を必要とします。
    • 例:「彼女は私に真実を伝えた(She told me the truth.)」
      • この例では「私」が間接目的語、「真実」が直接目的語です。

このように、「say」と「tell」は文法的に異なる役割を果たします。この違いを把握することで、英語の表現がより正確になります。

「見る」は英語でsee, look, watch、また「話す、言う」はtalk, speak, say, tellなど違いを解説!!
¥1,650 (2024/07/11 04:20時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

今回のブログで、「say」と「tell」の使い分けについて学びました。まとめると、以下のようになります。

  • Say: 一般的な情報や意見を述べる際に使用。特定の聞き手を必要としない。
  • Tell: 特定の人に対して情報や指示を伝える際に使用。間接目的語と直接目的語が必要。

英語を学ぶ上で、これらの違いを意識して使い分けることは非常に重要です。実際の会話や文章でこれらの動詞を使う際には、以下のポイントを覚えておきましょう。

  • 文脈に応じて「say」か「tell」を選びましょう。
  • 「say」を使う際は、何を言うかに注目しましょう。
  • 「tell」を使う際は、誰に何を伝えるかを明確にしましょう。

SayとTellは日本語だとどちらも言うですが、文法的にも使われる場面も異なるので注意してください。

スタディサプリENGLISH TOEIC(R)対策パーソナルコーチプラン

「3ヶ月の集中学習でTOEIC275点UPも出た新サービス!」オンライン特化型専属コーチ。スマホのみで全てを完結できるため、どこにても5分あれば勉強できちゃいます!

自分のペースで簡単かつ短期でTOEICの結果を出したい人におすすめです!

\全ての機能を7日間無料でお試し、こちらから!/

スポンサーリンク
実用英語表現
スポンサーリンク
シェアする
ごちゃをフォローする
理系人の英語脳
タイトルとURLをコピーしました