英語での日常生活の物の名前

実用英語表現
スポンサーリンク

はじめに

英語力更なる上達を目指す皆さん、こんにちは。今日は、日常生活でよく使われる物を英語でなんというかご紹介します。日々のコミュニケーションに欠かせないものの英語表現って意外と知らないことがあるので、これを機にざっとでも覚えて、日々の生活の中でも思い返してみてください​​。このブログでは、家庭内の物、教室で使われる物、その他の日常的な物のカテゴリー別に分けて紹介します。それでは、楽しく英語を学んでいきましょう!

家庭で使われる物

家庭で使われる物、日々の生活に密接に関連しているものの英語表現をご紹介します。それほど難しくないものから、意外と知らなかったものまでいろいろかと思いますので、これを機に覚えてみてください。

例えば、以下のような言葉があります:

Kitchen Items:

  1. Refrigerator (冷蔵庫)ーRefrigeratorを短縮してFridgeとも言います。
  2. Microwave (電子レンジ)
  3. Toaster (トースター)
  4. Blender (ブレンダー)
  5. Dishwasher (食器洗い機)

Living Room Items:

  1. Sofa (ソファ)
  2. Coffee Table (コーヒーテーブル)
  3. Television (テレビ)
  4. Bookshelf (本棚)
  5. Lamp (ランプ)
  6. Cupboard(食器棚)ー Cup(コップ)とBoard(板)なので覚えやすいですね。発音はPは発音せずにカボード、です。
  7. Stool(スツール、椅子)ーStoolには便という意味もあるので注意!💩💩💩

Bedroom Items:

  1. Bed (ベッド)
  2. Wardrobe (ワードローブ)
  3. Dresser (ドレッサー)
  4. Nightstand (ナイトスタンド)
  5. Alarm Clock (目覚まし時計)
  6. Pillow(枕)
  7. Blanket(毛布)

Bathroom Items:

  1. Toothbrush (歯ブラシ)
  2. Shampoo (シャンプー)
  3. Towel (タオル)
  4. Shower Curtain (シャワーカーテン)
  5. Hair Dryer (ヘアドライヤー)

これらの言葉は、毎日使用するものなので覚えやすいです。日本のカタカナでも使われるものも多いですが、発音が微妙に違うものも多いので注意してください。

それでは次に、学校や教室でよく使われる物について見ていきましょう。

教室で使われる物

オンラインで授業を受けたり、ノートは取らずにパソコンやiPadでメモを取ることも多くなっていると思いますが、教室以外でも使うものは多いので一通り覚えておきましょう。以下に、教室でよく使われる物の一覧を紹介します。中学校で習うものばかりなので結構簡単ですね・・・でも意外とふとした時に出てこない単語もあるので、しっかり復習しておいてください。

Writing and Drawing Tools:

  1. Pencil (鉛筆)
  2. Pen (ペン)
  3. Marker (マーカー)
  4. Chalk (チョーク)ー今も使うのかな・・・
  5. Eraser (消しゴム)ーたまに忘れがち・・・

Teaching Aids:

  1. Blackboard/Whiteboard (黒板/ホワイトボード)
  2. Projector (プロジェクター)
  3. Textbooks (教科書)
  4. World Map (世界地図)
  5. Educational Posters (教育ポスター)

Student Supplies:

  1. Notebook (ノート)ー 最近はiPadですかね。
  2. Binder (バインダー)ー昔のバインダーが山ほど残っていて処分に困ります。ちなみに米国のバインダーは、二つ穴が主流です。
  3. Ruler (定規)
  4. Calculator (電卓) ー アメリカの学校では電卓が必須です。テストでも暗算はあまりせず、計算機で計算していいことがほとんどでした。日本くらいなんですかね、暗算するのって。。。
  5. Backpack (バックパック) ー 米国ではランドセルがないので、自分でバックパックを準備して持っていきます。

Furniture and Storage:

  1. Desk (机)
  2. Chair (椅子)
  3. Bookcase (本棚)
  4. Storage Cabinets (収納キャビネット)
  5. Filing Cabinet (ファイリングキャビネット)

簡単な単語が多かったかもしれませんが、ふとした瞬間に出てこない単語もあるので、しっかり復習しておきましょう。次に、他の日常的な物について見ていきましょう。

その他の日常的な物

日常生活で頻繁に使う他の物も、英語での名称を知ることが役立ちます。以下は、そうした物のリストです:

Kitchen Items:

  1. Spatula (へら)
  2. Colander (ざる)
  3. Grater (おろし金)
  4. Corkscrew (コルク抜き)
  5. Sauté Pan (ソテーパン)

Office Supplies:

  1. Stapler (ホッチキス) ー これは有名ですが、ホッチキスは商品名、そのものはStapler(ステープラー)と言います。ホッチキスだと通じません・・・
  2. Paperclip (ペーパークリップ)
  3. Binder Clip (バインダークリップ)
  4. Highlighter (蛍光ペン)
  5. Thumbtack (画びょう) ー これは意外と知らない単語!

Gardening Tools:

  1. Trowel (トロベル、小さなシャベル) ー これはあまり聞いたことない!
  2. Pruner (剪定ばさみ) ー これはあまり聞いたことない!
  3. Hose Nozzle (ホースのノズル)
  4. Wheelbarrow (手押し車) ー あまり使わないですが、知っていると、おっってなりますね。
  5. Rake (熊手)

Electronics:

  1. Charger (充電器)
  2. USB Drive (USBドライブ)
  3. Router (ルーター)
  4. Power Strip (電源タップ)
  5. Modem (モデム)

日常生活の中で頻繁に目にするものから、あまり使わないけど、たまーに使われるものがありますね。

日常物の英単語を学ぶためのアドバイス

英語で日常生活の物の名前を効率的に学ぶためには、以下のようなやり方が役立ちます:

  1. 学習環境を作る: 物にラベルを付け、その名前を毎回思い出せるようにする。米国に住んでいるときにどうしても覚えられないものには付箋をつけて覚えるようにしました。。。
  2. 必要な語彙に焦点を当てる: 居場所や仕事、趣味に関連した語彙を学ぶ。このように自分に関連性の高いものに焦点をあてて覚えると、その単語を思い出す機会が多く、繰り返し覚える長期記憶になりやすいです。
  3. グループ別に語彙リストを作成: 家庭の物、教室の物、食品などのカテゴリーごとにリストを作り、少しずつ学ぶ。今回ご紹介したカテゴリーで覚えてもいいですし、自分自身で新たに作るのでもいいので、ひとくくりにして覚えると覚えやすいです。。
  4. 日々のルーチンを作る: 毎日新しい語彙を学ぶ時間を確保する。これ、重要!
  5. 自分のペースで学ぶ: 一度に多くの単語を覚える必要はない。1つか2つの単語から始め、頻繁に使ってから他の語彙を加える。これも重要!ひとつひとつゆっくりと!
  6. 文脈で語彙を学ぶ: 例えば、コーヒーを作るときに以下のように言う:

“I’m using the coffee maker to prepare coffee.”(私はコーヒーを作るためにコーヒーメーカーを使っています)

“I need a cup to serve the coffee.”(コーヒーを入れるカップが必要です)

“I need a spoon for the sugar.”(砂糖用のスプーンが必要です)​

これらのヒントと単語リストが、皆さんの英語能力向上の道を支えることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました