英語上達を目指すあなたに!”going to”と”will”の正しい使い方

実用英語表現
スポンサーリンク

はじめに

英語を学ぶ過程で、”going to” と “will” の正しい使い分けを覚えると、より自然な英会話ができるようになります。中学校でも習ったようにこれらの表現はどちらも未来の出来事を示すために使われ、同じ意味と教えてもらいましたが、実は使用される文脈や意図によって、そのニュアンスには大きな違いがあります。

日本語と同じように、英語にも様々な時制があり、それぞれが異なる状況や意図を表現します。”going to” と “will” は、英語で最も一般的に使用される未来表現のふたつであり、これらの違いを理解することは、英語の表現力を膨らませ、より正確なコミュニケーションができるようになります。

このブログでは、”going to” と “will” の使い分けについて詳しく説明し、実際の会話例を通じてその違いを明確にします。これにより、効果的にこれらの表現を使用し、自信を持って英語でコミュニケーションを取ることができるようになるでしょう。それでは、それぞれの表現がどのような状況で使われるのか、具体的な例と共に見ていきましょう。

‘Going to’ の使用法

計画された未来の出来事:

“going to” は、あらかじめ計画された未来の出来事を表す時に使用されます。これは、明確な意図や既に決定された計画がある場合に適しています。

例:

  1. 「来週末、友達とキャンプに行くことにした」→ “I’m going to go camping with my friends next weekend.”
  2. 「明日、新しい仕事を始める予定です」→ “I’m going to start a new job tomorrow.”
  3. 「このプロジェクトは、来月までに完成させるつもりです」→ “We are going to finish this project by next month.”

直接的経験に基づく予測:

“going to” はまた、現在の直接的な経験や観察に基づいて将来を予測する際にも用いられます。これは、目の前にある証拠や事実に基づいた予測をするのに適しています。

例:

  1. 「空が暗くなってきた。もうすぐ雨が降りそうだ」→ “The sky is getting dark. It’s going to rain soon.”
  2. 「彼女は試験勉強をたくさんしている。きっと合格するだろう」→ “She has been studying a lot for the exam. She’s going to pass.”
  3. 「道路が渋滞している。予定の時間には間に合わないかもしれない」→ “The roads are congested. We are probably going to be late for our appointment.”

これらの例では、”going to” がどのように計画や確固たる予測に使われるかを示しています。次に、「will」の使用法を見ていきましょう。

‘Will’ の使用法

即座の決断:

“will” は、その瞬間に行われる即座の決断や決意を表現する際に使用されます。これは、計画されていない、即座の選択や行動を示すのに適しています。

例:

  1. 「ちょっと寒いね。窓を閉めるよ」→ “It’s a bit chilly. I will close the window.”
  2. 「このドキュメント、私が印刷しておくね」→ “I will print out this document for you.”
  3. 「あ、コーヒーがこぼれた!すぐに拭き取るよ」→ “Oh, the coffee spilled! I will clean it up right away.”

証拠のない予測:

“will” は、具体的な証拠や確固たる根拠がない場合の未来の予測にも使われます。これは、直感や希望に基づく予測を伝える際に使われます。

例:

  1. 「明日はきっと晴れるよ」→ “It will probably be sunny tomorrow.”
  2. 「彼は時間通りに来るだろう」→ “He will arrive on time, I guess.”
  3. 「この問題は、時間が解決すると思う」→ “I think time will solve this problem.”

オファーと約束:

“will” は、オファーや約束を表現する際にも使用されます。これは、自分の意志や決意を相手に伝える際に使われます。

例:

  1. 「荷物が重そうだね。手伝おうか?」→ “Your bags look heavy. Shall I help you with them?”
  2. 「今度のプロジェクト、私がリードするよ」→ “I will take the lead on the next project.”
  3. 「心配しないで。約束通りに時間には帰るから」→ “Don’t worry. I will be back on time, as promised.”

このセクションでは、”will” の即座の決断、証拠のない予測、そしてオファーと約束における使用法について探りました。これらの例は、日常生活での “will” の多様な使い方を示しています。最後に、このブログのまとめに進みましょう。

映画・海外ドラマで話す練習!【シャドーイング英会話アプリ】

まとめ

このブログでは、「going to」と「will」の使い分けに焦点を当てました。”going to” は計画された未来の出来事や、直接的な経験に基づく予測に使われるのに対し、”will” は即座の決断、証拠のない予測、オファーや約束に適しています。これらの違いを理解することで、より正確で自然な英語表現を身につけることができます。

日々の生活の中で、これらの表現を意識して使ってみることをお勧めします。そうすることで、英語のニュアンスをより深く理解し、自然なコミュニケーションの力を高めることができます。

合わせて以下の記事もぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました