英語上達を目指すあなたに!「First」と「At First」の使い分け

実用英語表現
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは。今日は英語の表現においてよく使われる「First」と「At First」の違いについて詳しく見ていきましょう。この二つのフレーズは似ているようで、使い方には大きな違いがあります。日常の英会話やビジネスシーンでも正しく使い分けることで、より自然で正確な英語表現が可能になります。このブログを通して、その違いを明確にし、英語学習の一助となれば幸いです。

「First」の使用法

英語で物事の一連の手順や出来事を説明する際によく使われるのが「First」です。これはリストの最初の項目を示す言葉で、続く項目には「Second」、「Third」と続きます。しかし、「Third」の後は「Next」、「Then」、最後は「Finally」と言い換えると表現が豊かになります。「Firstly」や「First off」も同じようにリストの開始を示す言葉として使われます。

また、「First of all」は「First」と同じ意味で使われますが、特に重要な点を強調する際に用いられます。特に議論や主張を展開する時に効果的です。

「At First」の使用法

一方、「At First」は「最初は」という意味で、物事の初期の状態や感覚を表すのに用います。特に、時間の経過とともに変化する状況を描写する際に使われます。「At First」は文中のどこにでも配置でき、柔軟な表現が可能です。この表現は、最初の印象や考えが後にどのように変わったかを示すのに適しています。

例と比較

  • 「First」の新しい使用例:「First, check your email for the meeting agenda. Then, prepare the necessary documents for discussion.」(最初に、会議の議題に関するメールを確認します。その後、議論に必要な書類を準備します。)
  • 「At First」の新しい使用例:「At first, I planned to travel to Kyoto, but due to the weather, I changed my destination to Okinawa.」(最初は京都への旅行を計画していましたが、天候のために目的地を沖縄に変更しました。)

これらの例から、「First」は手順や順序を示す際に、「At First」は時間の経過に伴う変化を表す際に使用することがわかります。

おわりに

「First」と「At First」は、似ているようで使い方が異なる重要なフレーズです。この違いを理解し、適切に使い分けることで、英語の表現力を高めることができます。日々の学習でこれらの表現を活用し、効果的なコミュニケーションを目指しましょう。

こちらにも日常英会話で実用的に使える表現や間違いやすい表現の解説を行っていますので合わせてみてみてください。

タイトルとURLをコピーしました