日常英会話で役立つ表現:「go easy:気楽に行こう」の使い方

実用英語表現
スポンサーリンク

はじめに

今日は、日常会話でよく使われる表現「go easy」に焦点を当ててみましょう。「go easy」は、日本語に直訳すると「慎重に進む」や「気楽に行く」といった意味合いを持ち、日常会話でよく使われる表現です。あせっていたり、無理をしているときに、Go easyと声をかけられたりします。

「Go Easy」の日常での使い方

「go easy」というイディオムは、「慎重に進む」や「気楽に行く」という意味を持ちます。例えば、誰かに「スパイスは控えめに」とアドバイスする時や、けがをした後にトレーニングを軽くするように促す場合などに使います。このフレーズは、さまざまな状況で応用可能です。

実際の例をいくつか挙げてみましょう:

例1: “Go easy on the coffee. It might keep you awake.”

(コーヒーは控えめに。眠れなくなるかもしれません。)

例2: “I need to go easy on my knee, it’s been hurting lately.”

(最近、膝が痛いので、無理をしないようにしないと。)

例3: “Let’s go easy on the new guy, he’s still learning the ropes.”

(新人には優しくしよう。まだ慣れていないんだから。)

おわりに

「go easy」という表現を日常会話で使ってみると意外と使う場面があると思います。年末になり、せわしない日々が続きますね。自分も周りも何となくせかせかした毎日を過ごしがちですが、Go easyの掛け声をかけることで気楽にリラックスした日々を過ごすように心がけるのもいいかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました